メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

高安、大関の意地

栃煌山(右)を突き出しで降す高安=藤井達也撮影

4日目(16日・両国国技館)

 横綱・白鵬は北勝富士に土俵際で逆転勝ちし、土つかずの4連勝とした。他に勝ちっ放しは先場所優勝の貴景勝を寄り切った小結・御嶽海、引退した稀勢の里に不戦勝の錦木と阿武咲、魁聖、千代の国の5人。貴景勝は初黒星を喫した。横綱・鶴竜は妙義龍を押し出して2勝目。大関陣は高安が星を五分に戻したが、栃ノ心は玉鷲に、豪栄道は逸ノ城にそれぞれ敗れ4連敗となった。

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1291文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです