メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌会始の儀

平成最後 天皇陛下、復興の象徴詠む

阪神大震災からの復興の象徴として、皇居・東御苑で育てられている「はるかのひまわり」=2014年8月(宮内庁提供)

贈られしひまはりの種は生え揃ひ 葉を広げゆく初夏の光に

 新春恒例の「歌会始の儀」が16日、皇居・宮殿で開かれた。天皇、皇后両陛下が詠まれた歌や、一般応募の2万1971人から選ばれた入選者10人らの歌が披露された。両陛下は今回が最後の出席で、行事終了後は入選者と懇談した。

 平成最後の題は「光」。陛下は、阪神大震災(1995年1月17日)の復興…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです