メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌会始の儀

平成最後 天皇陛下、復興の象徴詠む

阪神大震災からの復興の象徴として、皇居・東御苑で育てられている「はるかのひまわり」=2014年8月(宮内庁提供)

贈られしひまはりの種は生え揃ひ 葉を広げゆく初夏の光に

 新春恒例の「歌会始の儀」が16日、皇居・宮殿で開かれた。天皇、皇后両陛下が詠まれた歌や、一般応募の2万1971人から選ばれた入選者10人らの歌が披露された。両陛下は今回が最後の出席で、行事終了後は入選者と懇談した。

 平成最後の題は「光」。陛下は、阪神大震災(1995年1月17日)の復興…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  5. 戦争の不条理 獄中の嘆き 元陸軍大尉が手記「勝者が敗者裁く」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです