メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇
芥川・直木賞

芥川賞に上田さん・町屋さん 直木賞は真藤さん

記者会見で記念撮影に応じる(右から)芥川賞に決まった上田岳弘さん、町屋良平さん、直木賞に決まった真藤順丈さん=東京都千代田区で2019年1月16日午後7時37分、竹内紀臣撮影

 第160回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞に上田岳弘さん(39)の「ニムロッド」(群像12月号)と、町屋良平さん(35)の「1R1分34秒」(新潮11月号)が、直木賞に真藤順丈(しんどうじゅんじょう)さん(41)の「宝島」(講談社)が選ばれた。上田さんは3回目、町屋さんは2回目、真藤さんは初の候補での受賞になった。「宝島」は山田風太郎賞とのダブル受賞。贈呈式は2月下旬、都内で行われ、正賞の時計と副賞の100万円が贈られる。(6面に真藤さんの「ひと」)

 上田さんは兵庫県明石市生まれ。早稲田大卒。2013年、新潮新人賞を受賞しデビュー。15年三島由紀夫…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです