メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証・災害列島

/4 役立った地区避難計画 住民が主体的防災

松山市五明地区の地区防災計画について説明する自主防災組織役員の吉金茂さん=松山市で2018年12月16日、久保聡撮影

 「避難が全町で約10人とは……」。愛媛県伊方町の防災担当職員が嘆く。昨年7月の西日本豪雨で全町民約9500人に自主避難を呼びかけたが、わずかしか応じなかった。

 伊方町は、県内で被害が集中した南予地域に位置する。同町でも7月5日からの4日間で計321ミリの雨が降り、土砂崩れや倒木が相次いだ。町は7日午前8時20分、全戸に配備する防災行政無線などで全町民に自主避難を呼びかけた。

 避難者の少なさに、町はショックを受けた。全55地区に自主防災組織はあるが、防災意識が低いと避難に結…

この記事は有料記事です。

残り1136文字(全文1375文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  3. 「100円で150円カフェラテ」62歳男性を不起訴処分 福岡
  4. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分
  5. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです