メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

日田彦山線、JR九州が自治体に復旧条件 年1.6億円負担要請

 九州北部豪雨で被災した日田彦山線の復旧で、JR九州が16日、不通区間の運行コストのうち鉄道設備メンテナンス費に相当する年間約1億6000万円の負担を沿線自治体に要請したことがわかった。復旧の条件としている収支の改善が目的。JRの提案は事実上、鉄道事業者が運行を担い、鉄道設備を自治体が保有する「上下分離」で赤字幅を圧縮する考え方だが、自治体が新たな負担に難色を示すのは確実とみられ、曲折が予想される。

 福岡市で開いた非公開の実務者検討会で示した。各自治体がトップへの報告を終えた後、21日に公表する。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. TOKIO写真「SNSいいの?」 安倍首相が私的な会食アップ 賛否飛び交う  
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 吉川友梨さん行方不明から16年 母になった同級生の思い
  5. ニッポンへの発言 キーワード 山口真帆さんへ=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです