新人の榑松氏、3選目指す大村氏が届け出 愛知知事選告示

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 任期満了に伴う愛知県知事選が17日告示され、新人で愛知県労働組合総連合議長の榑松佐一氏(62)=共産推薦=と、現職で3選を目指す大村秀章氏(58)=立憲、国民、公明、自民県連推薦=の無所属2人が立候補を届け出た。2期8年の大村県政に対する評価や2027年開業予定のリニア中央新幹線を見据えた街づくりの是非が争点となる。2月3日に投開票される。

 榑松氏はリニアを含む大型開発の見直しを主張し、教育や福祉の充実を掲げる。18歳までの医療費無料化や小中学校の35人学級拡大、国民健康保険料や介護保険料の引き下げなどで、「誰もが普通のくらしができる県政」への転換を訴える。

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文485文字)

あわせて読みたい