沖縄の製糖工場宿舎に補助金 新たな雇用の呼び水に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は沖縄県特産のサトウキビ農家を守るため、離島の製糖工場近くに期間従業員用の宿舎を建設する県内市町村の支援に乗り出す。働き方改革で工場の長時間労働を是正するのに合わせて、新たな雇用の呼び水にする。

 サトウキビは台風などに強く、県内農家の約7割が栽培している。収穫期は1~3月。収穫後すぐに加工しないと糖度が落ちることから各島に計17カ所の製糖工場があり、繁忙期には約700人の期間従業員が働いている…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

あわせて読みたい

注目の特集