メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「重要インフラ」高まるリスク、対策本腰

重要インフラで想定される主な障害

 政府が情報通信や金融、鉄道などの「重要インフラ」14分野のサイバー防衛対策強化に乗り出したのは、災害などによる大規模なシステム障害の防止に加え、日増しに巧妙化する海外などからのサイバー攻撃の脅威に対抗するためだ。米国などが中国製通信機器を排除する動きを強める中、政府は海外の動向もにらみつつ、国民生活を守るための具体策作りを急ぐ方針だ。

 公共性の高いインフラは近年、IT化が加速している。災害やサイバー攻撃でシステムが止まれば、預金の引…

この記事は有料記事です。

残り809文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです