メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ミサイル防衛見直し」公表へ 米政権、中露新兵器に対処

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は17日、国防総省で「ミサイル防衛見直し(MDR)」を発表する。ロシアと中国が音速の5倍のマッハ5以上で飛行する「極超音速」(ハイパーソニック)兵器の開発を急ぐなどミサイル開発競争が激化する中、圧倒的な軍事的優位を保とうとミサイル防衛(MD)態勢の強化を目指す。

 MDRは今後5~10年間のMDシステムの指針。MDに慎重な姿勢を示したオバマ前政権時代の2010年…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです