メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

趙紫陽氏命日で中国厳戒 天安門事件で学生を擁護、失脚

 【北京・浦松丈二】天安門事件(1989年)で学生らを擁護して失脚した趙紫陽(ちょう・しよう)元中国共産党総書記の死去から17日で14年になった。今年は事件から30年の節目でもある。中国当局は趙氏追悼が反政府運動につながることを警戒し、北京市内の旧居周辺に要員を配置、反体制派の外出を制限するなど厳戒態勢を敷いた。

 著名な人権活動家の胡佳(こ・か)氏は香港メディアに対して、15日から「私服(治安要員)」が外出や面…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文468文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  4. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  5. プロ野球 中日・松坂、開幕は絶望的

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです