「ウーマンラッシュアワー」村本大輔さんが沖縄訪問 県民投票実施を求めハンストの男性にインタビュー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さん(38)が16日、沖縄県を訪れ、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票(2月24日)の実施を求めて宜野湾市役所前でハンガーストライキ(ハンスト)をしている「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎代表(27)を励ました。村本さんは「勇気のある活動が多くの人に響き、みんなが考えればいい。とにかく応援している。来てよかった」と語った。

 「ウーマンラッシュアワー」は2013年の最も面白い漫才師を決める「THE MANZAI」で優勝。村本さんは沖縄の米軍基地や原発など時事問題をネタに漫才を展開し、ツイッターでも自らの意見を積極的に発信している。宜野湾市や沖縄市など県内5市が県民投票の実施を拒否したことに抗議して元山さんが15日からハンストを始めたことを知り、休暇を使って駆け付けた。

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1546文字)

あわせて読みたい

注目の特集