メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種

ギフト用の「紅白イチゴ」としても期待されている=宇都宮市塙田1の県庁で2018年1月29日午後2時10分、萩原桂菜撮影

 栃木県の福田富一知事は16日の定例記者会見で、県が開発した白イチゴの新品種「栃木iW1号」について、「ゆきおとめ」「ホワイトプリンセス」「ミルキーベリー」の3種類の名前の商標登録を特許庁に出願したことを明らかにした。同庁が類似商標がないかを審査し、登録が認められたものの中から県がブランド名を決定する。

 県は昨年1月、開発した白イチゴの新品種を農林水産省に「栃木iW1号」の名前で品種登録したと公表。ブランド名を募集し、3155件の応募の中から3種類を選んで商標登録を出願した。

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです