追加給付費用800億円に増大 勤労統計問題 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 毎月勤労統計の不正調査問題で、雇用保険などの過少給付などに対応するための費用が約800億円に上ることが政府関係者への取材で明らかになった。厚生労働省は11日の発表で、過少給付の対象者は延べ1973万人・30万事業所で総額567億5000万円と推計していたが、事務手続きやシステム改修に200億円程度…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文350文字)

あわせて読みたい

注目の特集