「阪神大震災1・17のつどい」東京で初開催

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
神戸から分灯した「希望の灯り」をキャンドルにともし、手を合わせる人たち=東京都千代田区の日比谷公園で2019年1月17日午後5時46分、佐々木順一撮影
神戸から分灯した「希望の灯り」をキャンドルにともし、手を合わせる人たち=東京都千代田区の日比谷公園で2019年1月17日午後5時46分、佐々木順一撮影

 毎年1月17日に神戸市中央区の東遊園地で開かれる追悼行事「阪神淡路大震災1・17のつどい」(実行委主催)が同日夕、東京都千代田区の日比谷公園で開かれた。会場には約200人が集まり、犠牲者の鎮魂を祈った。

 「震災を経験していない人とも思いを共有しよう」と、今回初めて東京でも会場を設けた。早朝に神戸でつどいのイベントを終え…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集