メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

札幌で氷点下12.3度 今季一番の冷え込み 18日は大荒れか

今季一番の冷え込みとなった札幌市で降りしきる雪の中を歩く人たち=同市中央区で2019年1月17日午後2時半、竹内幹撮影

 冬型の気圧配置が強まった影響で、北海道内は17日、日本海側を中心に大雪となり、稚内市や留萌市の小中高校など25校が臨時休校した。札幌市では午後6時時点で今季一番の冷え込みとなる氷点下12.3度を記録。18日にかけて大荒れの天気になる恐れがあり、札幌管区気象台が警戒を呼びかけている。

 気象台によると、午後5時までの24時間降雪量は幌加内町34センチ、石狩市厚田30センチ、美唄市30センチ。最大瞬間風速はえりも町37・9メートル…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 「ヒトからヒトへ感染」確認 中国新型肺炎 春節で拡大懸念

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです