メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「皇后さまのスイセンで再建」神戸の生花店

震災後に再建した生花店で笑顔を見せる森本照子さん=神戸市兵庫区で2019年1月17日午後3時6分、幾島健太郎撮影

 震災で壊滅的被害を受けた神戸市長田区の菅原市場で、森本照子さん(68)は発生当日、新装開店するはずの生花店「花恋(かれん)」を火災で失った。皇后美智子さまが焼け跡に手向けられた黄色いスイセンを励みに必死で店を建て直し、今年12月で再開10年。平成最後の1・17を迎え、「美智子さまのおかげでここまで来られた」と思う。体は少しずつ衰えるが、「命が続く限り、花束を作ろう」と誓った。

 森本さんはあの日、夫政一さん(62)と午前2時過ぎまで新装開店の準備をし、店舗兼自宅の2階で寝てい…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 医療現場から (5)沖縄のSOS 「連携に課題?」の一言で険悪に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです