メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンスト3日目の元山さん「みんなでやりたい」辺野古・県民投票実施求め

報道陣の質問に答える元山仁士郎さん(中央)=沖縄県宜野湾市の市役所前で2019年1月17日、遠藤孝康撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票(2月24日)の実施を宜野湾など5市が拒否していることに抗議し、「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎(じんしろう)代表(27)が宜野湾市役所前で続けるハンガーストライキ(ハンスト)は17日、開始から3日目を迎えた。5市の市長の実施拒否の姿勢は変わらないが、元山さんは「県民みんなで県民投票をやりたいという思いが強い。できるかぎり続けたい」と語った。

 会は昨年5月からの2カ月間で約9万人分の署名を集め、県に県民投票条例の制定を求めた。条例は昨年10…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文844文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです