メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンスト3日目の元山さん「みんなでやりたい」辺野古・県民投票実施求め

報道陣の質問に答える元山仁士郎さん(中央)=沖縄県宜野湾市の市役所前で2019年1月17日、遠藤孝康撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票(2月24日)の実施を宜野湾など5市が拒否していることに抗議し、「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎(じんしろう)代表(27)が宜野湾市役所前で続けるハンガーストライキ(ハンスト)は17日、開始から3日目を迎えた。5市の市長の実施拒否の姿勢は変わらないが、元山さんは「県民みんなで県民投票をやりたいという思いが強い。できるかぎり続けたい」と語った。

 会は昨年5月からの2カ月間で約9万人分の署名を集め、県に県民投票条例の制定を求めた。条例は昨年10…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文844文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  3. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕
  4. 急性アルコール中毒死の客を路上に 死体遺棄容疑で元キャバクラ店長ら逮捕
  5. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです