メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大槌町旧庁舎解体へ準備「再度話し合いを」 原告ら複雑な思い

判決後に記者会見する原告の高橋英悟さん(中央)ら=盛岡市で2019年1月17日、日向米華撮影

 東日本大震災の津波で被災し、保存か解体かで意見が割れてきた大槌町旧役場庁舎。住民団体代表と遺族の2人が平野公三町長を相手取り、解体工事と公金支出の差し止めを求めた住民訴訟で、盛岡地裁は17日、原告側の請求を退けた。壁面の時計などが撤去され、着々と本体解体に向けて作業が進む中、「町長の行為は裁量権の範囲の著しい逸脱や乱用があるとはいえない」と司法は判断。住民たちが複雑な思いを抱えたまま、18日に解体が始まる。

この記事は有料記事です。

残り1802文字(全文2008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです