メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝利に両手、両膝をコートに 錦織「とても幸せ」 全豪テニス3回戦進出

 211センチの長身から繰り出すカロビッチの高速サーブに苦しめられたが、錦織が2回戦も突破した。「彼(カロビッチ)の調子が良ければ、(相手の)ワンチャンスで負ける可能性もある」と語っていた錦織。リターンで食らいつき、最後は今大会から導入された最終セット6―6から10点先取するタイブレークを制した。

 カロビッチは39歳の大ベテランだ。全盛期の力からは衰えているが、初戦も39本のサービ…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです