メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

塩村文夏さんにも…商品送りつけ“嫌がらせ” 女性議員、市民運動家ら標的

濱田すみれさんの名をかたって通販会社に届いた健康食品の注文はがきには、他の多くのケースと同じように「山口」の消印があった=濱田さん提供

 議員や弁護士、市民運動家の女性に、注文していない商品が代引きで送りつけられる被害が相次いでいることを毎日新聞が昨年末に報じたところ、同じような被害に遭ったとの情報が複数寄せられた。中には女性だけではなく性的少数者(LGBTなど)を支援する男性もおり、さらに広範囲の被害者がいることが明らかになった。ほとんどのケースで山口県内から投函(とうかん)されたはがきが注文に使われているのも同じだった。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

 事の発端は、北九州市の村上聡子市議(無所属)が昨年6~10月、注文していないブラジャーや健康食品などを計10回送りつけられたことをツイッターなどで明らかにしたことだ。これを受け、憲法をめぐる活動や女性の権利擁護で知られる太田啓子弁護士(神奈川県弁護士会)ら複数の女性弁護士や、「許すな!憲法改悪・市民連絡会」の菱山南帆子事務局次長らが同様の被害に遭ったことをツイート。使われた通販会社はまちまちだが、消印が「山口」のはがきで注文されたケースが多かった。日本郵便によると「山口」の消印は山口県の拠点郵便局で扱ったことを示すという。

 こうした動きを毎日新聞が12月26日に報じたところ、新たな情報が寄せられ、さらに複数の被害が明らかになった。

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです