メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

沖縄「長寿の里」でチャンプルー文化を考える~やんばるアートフェス(上)

やんばるは広い。やはり車の移動が便利だ

 山原と書いて「やんばる」。沖縄本島の北部を指す呼び名で、そう高くはないものの山が続き、貴重な自然と動植物が今も残る地域だ。1981年に見つかった鳥で国の天然記念物「ヤンバルクイナ」の名を覚えている方もいることだろう。

 この沖縄本島北部を会場に「やんばるアートフェスティバル2018-2019」(http://yambaru-artfes.jp/)が今月20日まで開かれている。

 沖縄といえば県庁所在地の那覇に注目が集中しがちだ。本島北部にも2002年開館の沖縄美(ちゅ)ら海水族館などの観光スポットはあるけれど、多いとは言い難い。そして、那覇空港から沖縄自動車道の北端、名護までは車で約1時間余。そこから沖縄本島の最北端、辺戸(へど)岬までは、さらに1時間余りかかる。沖縄の観光人気は高まるばかりだが、その中で北部は、まだまだ知られていない地域であり、今後の可能性を秘めた地域…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文1018文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです