メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

沖縄「長寿の里」でチャンプルー文化を考える~やんばるアートフェス(上)

やんばるは広い。やはり車の移動が便利だ

 山原と書いて「やんばる」。沖縄本島の北部を指す呼び名で、そう高くはないものの山が続き、貴重な自然と動植物が今も残る地域だ。1981年に見つかった鳥で国の天然記念物「ヤンバルクイナ」の名を覚えている方もいることだろう。

 この沖縄本島北部を会場に「やんばるアートフェスティバル2018-2019」(http://yambaru-artfes.jp/)が今月20日まで開かれている。

 沖縄といえば県庁所在地の那覇に注目が集中しがちだ。本島北部にも2002年開館の沖縄美(ちゅ)ら海水…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1018文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです