メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

政府機関閉鎖で沈むワシントン、一時帰休者に支援団体が無料ビール

 1月16日、政府機関が一部閉鎖されている米国の首都ワシントンで、レイオフ(一時帰休)された職員に無料で地ビールを贈る試みが、支援団体により始まった。長期閉鎖に沈むコミュニティーを元気付けるのが目的だという。写真はホワイトハウス、13日撮影(2019年 ロイター/CARLOS BARRIA)

[PR]

 [16日 ロイター] - 政府機関が一部閉鎖されている米国の首都ワシントンで、レイオフ(一時帰休)された職員に無料で地ビールを贈る試みが、支援団体により始まった。長期閉鎖に沈むコミュニティーを元気付けるのが目的だという。

     支援を始めたのは「Pay It Furloughed」(一時帰休者に報酬を)という団体で、現地の飲食店業者やフードライター、広告会社などが設立した。ウェブサイトで「政府のリーダーシップのなさや、数十万人の友人、隣人、コミュニティーのメンバーに悪影響をもたらしている政府機関閉鎖にいら立っている」と表明。「気持ちが落ち込んでいる時のただ酒は、人々を励ます最高の方法だ」と述べた。

     同団体のサイトでは、ビールのための募金を受け付けている。16日夜までに約1500本が提供できるようになった。

     対象となる職員は、ウェブサイトで受け取り場所となる醸造所のリンクをクリックし、出向いた先で連邦政府職員の身分証明書を見せることでビールがもらえるという。

     受け取れるビールの上限はないが、運営者は節度ある飲酒を呼び掛けている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

    2. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

    3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

    4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

    5. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです