メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公的年金

伸び率0.1%に抑制 4年ぶりマクロスライド 来年度

 厚生労働省は18日、2019年度の公的年金の支給額を前年度比0・1%引き上げると発表した。物価や賃金の変動に合わせた本来の引き上げ幅は0・6%だったが、年金額を抑制する「マクロ経済スライド」を15年度以来4年ぶりに適用。0・1%の増額にとどまった。

 19年度の年金額は、自営業者らの国民年金(満額)で月6万5008円(前年度比67円増)、会社員らの厚生年金は、夫婦2人の標準的な世帯で22万1504円(同227円増)となる。増額は15年度以来4年ぶり。

 年金額は毎年度、物価と賃金の変動率に応じて改定する。総務省が18日発表した18年の消費者物価指数(…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文578文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同
  2. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕
  3. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  4. センバツイメージキャラに井本彩花さん 国民的美少女コンテスト2017年のグランプリ
  5. 桜田五輪担当相が衆院予算委に遅刻 質疑中断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです