メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公的年金

伸び率0.1%に抑制 4年ぶりマクロスライド 来年度

 厚生労働省は18日、2019年度の公的年金の支給額を前年度比0・1%引き上げると発表した。物価や賃金の変動に合わせた本来の引き上げ幅は0・6%だったが、年金額を抑制する「マクロ経済スライド」を15年度以来4年ぶりに適用。0・1%の増額にとどまった。

 19年度の年金額は、自営業者らの国民年金(満額)で月6万5008円(前年度比67円増)、会社員らの厚生年金は、夫婦2人の標準的な世帯で22万1504円(同227円増)となる。増額は15年度以来4年ぶり。

 年金額は毎年度、物価と賃金の変動率に応じて改定する。総務省が18日発表した18年の消費者物価指数(…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです