メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

テニス、弾む企業 全豪ボール、初の日本製 知名度アップ狙う

日本企業が4大大会で初めて公式球を供給しているテニスの全豪オープン。大坂は3回戦進出を決めた=AP

 錦織圭(29)や大坂なおみ(21)=ともに日清食品=ら日本選手が国際舞台で活躍しているテニスを通じ、世界的な知名度アップを狙う日本企業が増えている。オーストラリア・メルボルンで開催中の全豪オープンでは、日本の企業が4大大会で初めて公式球を供給している。アジア圏からの観客増員を目指す大会主催者側の思惑もあり、日本企業のテニスビジネスは拡大している。【浅妻博之、メルボルン新井隆一】

 全豪で採用されたのは、住友ゴム工業(本社・神戸市)のテニスブランド「ダンロップ」のボール。会場内の…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1052文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです