連載

チェック

毎日新聞デジタルの「チェック」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

チェック

テニス、弾む企業 全豪ボール、初の日本製 知名度アップ狙う

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本企業が4大大会で初めて公式球を供給しているテニスの全豪オープン。大坂は3回戦進出を決めた=AP
日本企業が4大大会で初めて公式球を供給しているテニスの全豪オープン。大坂は3回戦進出を決めた=AP

 錦織圭(29)や大坂なおみ(21)=ともに日清食品=ら日本選手が国際舞台で活躍しているテニスを通じ、世界的な知名度アップを狙う日本企業が増えている。オーストラリア・メルボルンで開催中の全豪オープンでは、日本の企業が4大大会で初めて公式球を供給している。アジア圏からの観客増員を目指す大会主催者側の思惑もあり、日本企業のテニスビジネスは拡大している。【浅妻博之、メルボルン新井隆一】

 全豪で採用されたのは、住友ゴム工業(本社・神戸市)のテニスブランド「ダンロップ」のボール。会場内の同社ブースには多くの観客が訪れ、注目度の高さがうかがえる。同社テニスビジネス部の鈴掛彰悟さん(43)は「日本のブランドとして世界に出て行く大きな一歩」と力を込める。以前は歴史や伝統のある4大大会では、主に欧米メーカー製が使用されてきた。ただ、全豪は「アジアパシフィック地域で行われる唯一の4大大会」で…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文1052文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集