メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 地方の町で木工所を営む哲郎(小林薫)は、川辺で倒れていた見知らぬ青年(柳楽優弥)を助けて自宅へと連れて行く。彼が名乗った「シンイチ」という名前は、哲郎の今は亡き息子の名前だった。木工所で働き始めたシンイチは哲郎に心を開くようになり、まるで親子のような関係を築いていく。しかし同じ頃、数年前に起きたとある事件のうわさが流れるようになる。

 是枝裕和監督、西川美和監督が設立した製作者集団「分福」所属の広瀬奈々子監督の長編デビュー作。「誰も…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 台風20号、沖縄に接近 気象庁、注意呼び掛け

  4. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです