鹿活

朝もや煙る古都で「#鹿活」 「インスタ映え」効果大 宿泊客増に一役 奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「一度の撮影で400~500枚は撮影する」と話す平井宗助さん=奈良市で2018年12月、中津成美撮影
「一度の撮影で400~500枚は撮影する」と話す平井宗助さん=奈良市で2018年12月、中津成美撮影

 「シカカツ」しませんか--。奈良市の奈良公園で、国天然記念物の鹿を写真に撮ってソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に投稿する活動「鹿活」が広まりつつある。お勧めスポットを紹介するスマートフォンのアプリも登場。愛好家は「鹿には個性があり、季節や天候でも表情が変わる」と魅力を語る。【中津成美】

 「鹿活」は奈良市中心部でかき氷店を経営する平井宗助さん(47)が2年ほど前から提唱。定義は「奈良公園で鹿の写真を撮影し、ハッシュタグ(検索の目印)『#鹿活』を付けてSNSに投稿する」というシンプルなものだ。

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文881文字)

あわせて読みたい

注目の特集