メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道フードダイバーシティ協議会

設立 「食の多様性」対応へ 外国人観光客増を図る 旭川 /北海道

 旭川市などの有志が16日、国内外の多様な文化、習慣に合わせた食事や環境を整備しようと、北海道フードダイバーシティ協議会を設立した。イスラム教の戒律に従った料理「ハラルフード」や菜食主義などへの対応を進めて観光客増を図る。

 発起人となったのは、旭川周辺の食文化情報を発信しイスラム教徒(ムスリム)が安心して食べられるメニューのある飲食店も紹介する同市の会社「kutta(クッタ)」、ハラルフードの普及に取り組む東京都の「フードダイバーシティ」、市内の飲食店や食品会社などの10人。会長には、前旭川薬剤師会長の藤沢芳則さんが就任した。

 旭川市でも外国人観光客が増え、近年はムスリムが多いマレーシアやインドネシアなどから訪れる人が急増し…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  2. 国民「夫婦別姓やじは自民・杉田水脈議員」 玉木氏が指摘、本人否定せず

  3. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. コシヒカリ4トン窃盗容疑で兄弟逮捕「数え切れないくらい盗んだ」 石川県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです