メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島、津波被災者の記録映画 家族とは、生きるとは問う 仙台で20日上映 /宮城

 東日本大震災の津波で家族4人が犠牲になった福島県南相馬市の男性に密着したドキュメンタリー映画「Life(ライフ) 生きてゆく」が20日、仙台市青葉区のせんだいメディアテークで上映される。東京電力福島第1原発事故の陰で、光が当たらなかった福島の津波被災者の姿を5年半記録した作品で、当日は主人公の男性と笠井千晶監督とのトークセッションもある。

 主人公は福島第1原発から北へ22キロの南相馬市萱浜(かいはま)地区に住む元消防団員の上野敬幸さん。2011年3月11日、地域は津波で壊滅的な被害に遭い、上野さんの両親と2人の子どもは行方が分からなくなった。だが、原発事故の影響で警察などによる捜索は遅れ、上野さんは自力で家族を捜す。震災後に生まれた娘との日常、同じく行方不明の我が子を探す大熊町の男性との出会い--。上野さんの姿を丹念に描いた作品は…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ORICON NEWS 『翔んで埼玉』監督が暴露「冗談で企画出したら通った」

  5. 答弁訂正は「言葉が不正確」、クルーズ船対応は「一生懸命やった」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです