メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東北・母校をたずねる

宮城県古川高/6 個々を尊重のびのびと 宝塚歌劇団月組男役・蓮つかささん /宮城

 宮城県古川高は2005年、男女共学になり、女子生徒の入学が始まりました。「文武両道」「個々を尊重」「のびのび」--。宝塚歌劇団月組の男役、蓮つかささんが振り返る母校の「良さ」は、伝統が脈々と引き継がれていることを示しています。【山田研】

 進学校だったので、今後のことも考えて一番いいかな、と古川高にしました。

 入ると、あれ、すごいまじめな学校に入っちゃった、勉強はちゃんとしなきゃな、と感じました。でも、自由だったし、文武両道というか、部活動とか文化祭や体育祭といった行事に集中して熱心に取り組む学校でした。

この記事は有料記事です。

残り1874文字(全文2129文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  5. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです