メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 多摩美術大学美術館(東京都多摩市) 趣向凝らした企画展 /東京

 多摩センター駅から歩行者専用の広々とした「パルテノン大通り」を曲がると、大きなガラス張りが特徴の近代的な建物が見える。

 多摩美術大(東京都世田谷区)が、八王子キャンパスにあった美術館を「より一般の人が来やすい場所に」と計画。現在の建物を入手し、2000年に移転オープンした。

 美術館のコンセプトは「身近にアートを親しんでもらう」。以前は大学所蔵作品を学生や職員向けに資料として展示するのがメーンだったが、移転後は、専門学芸員3人が外部のコレクターとのコラボレーションなどにより、一般の人も楽しめるような趣向を凝らした企画を年6回ほど展示する。

 これまでに音の展覧会やダンスのライブパフォーマンスなど、美術の枠を超えた幅広い企画を開催し、現在は…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文715文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  3. 「100円で150円カフェラテ」62歳男性を不起訴処分 福岡
  4. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分
  5. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです