連載

インバウンド・聖地巡礼

毎日新聞デジタルの「インバウンド・聖地巡礼」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

インバウンド・聖地巡礼

/20 忍者を求めて/上 歌舞伎町で手裏剣 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 快晴が続いた正月の新宿・歌舞伎町。夜は怪しげなネオンが瞬くが、朝は死んだように静かだ。まだ午前10時だというのに、とあるビルの4階では、家族連れのインバウンド(訪日外国人)の歓声が響きわたっていた。

 「侍の刀が反っているのは、武道の美学がこめられているから。忍者の刀はストレート。素早く突いて確実に仕留めるため。逃げることもいとわない。忍者はあくまでも影の存在。さあ、手に刀を持って、型を決めてみて」

 忍者姿になった仕掛け人の湯本智之さん(44)が、簡単な英語を操りながら忍者の世界を紹介していく。

この記事は有料記事です。

残り931文字(全文1181文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集