110番

昨年通報83万5000件 パトカーで家まで送れ/ハクビシン出た /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

苦情やいたずら40万件 警察官急行43万件 緊急性がない相談は「#9110」に

 県警は、昨年1年間の110番通報件数をまとめた。県警通信指令課によると、昨年の110番通報件数は約83万5000件(1日平均2300件)。積雪などの影響で2017年より約5000件増え、38秒に1件のペースで通報があったことになる。

 そのうち、警察官が現場に急行した通報は約43万5000件(52%)で、苦情やいたずら電話などの通報が約40万件を占めた。内訳はいたずら電話や119番と間違えて通報してきたケースが計約11万件(13%)。いたずらの中でも無言電話の場合、犯人に脅迫されて声が出せない中で助けを求めている状況も想定されるため、警察官が安否確認に向かうこともあるという。酔っ払いが「パトカーで家まで送ってくれ」などと通報し…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文611文字)

あわせて読みたい

注目の特集