メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

36協定

15市町未締結 一部職種限定の自治体も 県春闘共闘会議、改善を強く要求 /岐阜

 県内15市町で、時間外・休日勤務に関する労使協定(36協定)が結ばれていないことが17日、県春闘共闘会議が県内自治体に実施した調査で分かった。同会議は「ゆゆしき事態だ。36協定なしの残業は許されない」と、改善を強く求めている。【岡正勝】

 36協定は、労基法36条に規定されていることからそう呼ばれる。法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超えて労働者を働かせるのに必要とされる。

 調査によると、昨年4月時点で協定が締結されていなかったのは、各務原や山県など4市と、坂祝や岐南など…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです