メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マンション防災委員会

防災通じ「共助」の輪 子育て世代が毎月オフ会 草津 /滋賀

「普段からのつながりが災害時の助けになる」と語る江藤沙織さん(左端)=滋賀県草津市野路町の老上まちづくりセンターで、礒野健一撮影

 草津市の子育て世代が中心となって約2年前に結成した自助防災グループ「マンション防災委員会」が活動を広げている。阪神大震災が発生した17日には、防災意識を高めようと「老上まちづくりセンター」(野路町)で毎月恒例の「オフ会」を開催。新たに引っ越してきた子育て世帯も多く、地域とのつながりが薄いとされる中、「共助」の取り組みが根を下ろし始めている。

 「防災は誰にでも関わる話題。子育て相談や生活の悩みも含めて気軽に話すことで、いざという時に気兼ねな…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです