メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

県内舞台「かぞくわり」 橿原であすから上映 /奈良

映画「かぞくわり」に出演した主演の陽月華さん(中央)と小日向文世さん(左)、竹下景子さん(C)2018かぞくわりLLP

 県内を舞台に家族のあり方や役割を描く映画「かぞくわり」の上映が19日、橿原市の「TOHOシネマズ橿原」で始まる。古代の大津皇子の悲話と当麻寺(葛城市)に伝わる奈良時代の伝説の女性、中将姫を描いた折口信夫の著書「死者の書」をモチーフに、核家族に潜む問題と古代ロマンが重なり合う。大和郡山市出身の塩崎祥平監督がメガホンを取り、奈良の風景やファンタジーの世界が映し出される。

 主演は、元宝塚歌劇団宙(そら)組娘役トップの陽月華(ひづきはな)さんで、小日向文世さんと竹下景子さ…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです