メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

天皇退位で「おことば」 承継の儀、皇族は成年男子参列

 政府は17日、皇位継承に関する式典委員会の第3回会合を開き、天皇陛下の退位と新天皇即位に伴う一連の儀式の詳細を決めた。憲政史上初となる4月30日の「退位礼正殿の儀」は陛下が他の公務を終えた後、午後5時から10分間、皇居の「松の間」で行い、天皇として最後の「おことば」を述べられる。新天皇の最初の儀式「剣璽(けんじ)等承継の儀」は5月1日午前10時半、新天皇が国民の代表に即位を宣言する「即位後朝見の儀」は同日午前11時10分からいずれも松の間で行われる。

 剣璽等承継の儀は新天皇が歴代伝わる「神器」を皇位継承の証しとして受け継ぐ儀式。準備段階では有識者か…

この記事は有料記事です。

残り1086文字(全文1364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

  2. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  3. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  4. 木下優樹菜が活動自粛 タピオカ店に暴言騒動「仕事ができる状態ではない」(スポニチ)

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです