メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日立製作所

英原発凍結を決定 社長「民間投資限界」

 日立製作所は17日、取締役会を開き、英国中部で計画する原子力発電所の新設事業の凍結を正式に決定した。日本国内の民間企業の出資協力や、英政府の追加支援が得られず、現状では事業継続は困難と判断した。2019年3月期連結決算で約3000億円の損失を計上する予定で、同期の最終(当期)利益を当初予想の4000億円から1000億円に下方修正した。

 日立の東原敏昭社長は同日の記者会見で、「民間企業として、これ以上の投資は限界。将来的にリスクを持ち越さないためにも凍結を決断した」と語った。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

  5. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです