メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「移民社会」 どうする社会保障

小林米幸氏

 今年4月の改正入管法施行によって、日本で働く外国人の増加が見込まれる中、医療や年金などの社会保障制度の見直しが課題になっている。現在の制度は日本人への適用を前提としており、外国人の暮らしを守る上では不備もある。外国人労働者を日本社会の一員として受け入れるため、どのような措置が必要なのだろうか。

通訳と相談窓口整えよ 小林米幸・AMDA国際医療情報センター理事長

 外国人を差別的に扱う医療体制は人権上、許されない。反対に、外国人を優遇すれば排他主義に火がついて、広がる恐れがある。外国人差別にも、日本人に対する「逆差別」にも偏らないように徹底しないと大きな問題になる。

 教訓になるのは、1975年以降の1万人以上のインドシナ難民の受け入れだ。当時、受け入れ施設のあった…

この記事は有料記事です。

残り4236文字(全文4570文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. 修学旅行の高校生ら130人が集団食中毒か 福岡からスキー研修で新潟へ

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです