メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

政府の辺野古土砂投入 移設強行は許されない=佐野格(西部報道部)

土砂投入が始まった翌日も県民らが米軍キャンプ・シュワブ前で抗議の声を上げた=沖縄県名護市辺野古で2018年12月15日、佐野格撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、政府は昨年末、県民の強い反対の声を無視する形で土砂投入を強行した。辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で市民から「民意とは一体何なのか」という激しい反発の声が上がる光景は、安倍晋三首相が繰り返し語ってきた「沖縄に寄り添う」という言葉とはほど遠い。戦前戦後と沖縄が歩んできた苦難の歴史を踏まえ、県民の気持ちに思いをはせれば、辺野古移設はこれ以上強行すべきではない。

 土砂が投入される9日前の昨年12月5日、政府は埋め立て予定海域に運ぶ土砂の積み込み作業をするため、…

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文2060文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ORICON NEWS 関ジャニ∞、今年はUSJのクリスタル・クリスマス・アンバサダーに「人々を輝かせたいという思いで」

  5. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです