メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

「ミニ北方領土」構想

 どうも日本がパレスチナと重なって見える。ロシアのラブロフ外相は、日本が「北方領土」と呼ぶことにも苦言を呈した。4島は戦争の結果ロシア領になったのであり、日本はその現実を認めよと言いたいのだ。

 パレスチナ自治区も基本的には「占領地」(Occupied Territories)である。しかし、米国のラムズフェルド元国防長官のように「いわゆる占領地」、あるいは「占領」を省いて単に「領土」と呼ぶ親イスラエル派も多い。

 ラブロフ発言は北方領土をめぐる同じ流れだから、日本の各紙社説は反発した。例えば朝日は「立場の違いを…

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文983文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです