メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
米国

過酷な移民介護士 施設や高齢者宅、外国人就労 有給・病気休暇なし、低賃金

自宅で介護を受けるお年寄りと談笑するエミリーさん=ロサンゼルスで2019年1月8日、石山絵歩撮影

 米国の高齢者介護施設や高齢者宅などで、移民の外国人介護士が大勢働いている。米国でも高齢化が進み、介護士不足は加速する。しかし、賃金や休暇制度などの保障が確立されておらず、介護士は不安定な環境に置かれている。日本は今年4月施行の改正入管法により、介護分野で働く外国人を増やす方針だ。移民の国・米国の外国人介護士はどのような問題・課題に直面しているのか。西部カリフォルニア州ロサンゼルスで働くフィリピン人介護士を取材した。【ロサンゼルス石山絵歩】

 エミリー・ウィさん(59)の1週間は、食料と約13リットルの飲料水を入れた二つの荷物を抱え、1人暮…

この記事は有料記事です。

残り3208文字(全文3480文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. 京都みなみ会館 再出発 南区・旧銀行を改築、23日オープン 名物のオールナイト上映も /京都

  4. 小倉昭和館 創業80年 記念の無料上映会、250人来場 経営危機乗り越え「皆様のおかげ」 /福岡

  5. 「ハイパーカミオカンデ」建設へ 文科省が概算要求へ 岐阜・飛驒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです