メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

過酷な移民介護士 施設や高齢者宅、外国人就労 有給・病気休暇なし、低賃金

自宅で介護を受けるお年寄りと談笑するエミリーさん=ロサンゼルスで2019年1月8日、石山絵歩撮影

 米国の高齢者介護施設や高齢者宅などで、移民の外国人介護士が大勢働いている。米国でも高齢化が進み、介護士不足は加速する。しかし、賃金や休暇制度などの保障が確立されておらず、介護士は不安定な環境に置かれている。日本は今年4月施行の改正入管法により、介護分野で働く外国人を増やす方針だ。移民の国・米国の外国人介護士はどのような問題・課題に直面しているのか。西部カリフォルニア州ロサンゼルスで働くフィリピン人介護士を取材した。【ロサンゼルス石山絵歩】

 エミリー・ウィさん(59)の1週間は、食料と約13リットルの飲料水を入れた二つの荷物を抱え、1人暮らしの90代女性の自宅に向かうことから始まる。在宅介護士としてここで週5日間、住み込みで働いている。

この記事は有料記事です。

残り3158文字(全文3480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです