メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

過酷な移民介護士 施設や高齢者宅、外国人就労 ロリータ・リエドーさん、リンジー・イマイ・ホンさんの話

プロの仕事に評価を フィリピン人労働者センター共同代表 ロリータ・リエドーさん

 米国のフィリピン人ら移民の多くは、最低限の生活もできないような低賃金の仕事をしている。在宅介護士の場合、プライベートな空間で介護サービス利用者と2人きりで過ごしているため、保障や保護がないまま、黙って仕事を続けることが多い。

 ロサンゼルスでは、最低賃金時給12ドル(25人以下の事業所)で、年6日の病気休暇取得がルールとなっている。しかし、介護士は施設介護でも在宅介護でも守られていないケースが目立つ。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 赤坂電視台 長瀬智也/1 宝箱を開ける楽しみがある

  5. 新型コロナ 時短拒否、過料50万円 自公、特措法改正案了承

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです