メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
米国

超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く

米国が2010年に実験したハイパーソニック兵器「HTV2」のイメージ図=米国防高等研究計画局(DARPA)提供

 【ワシントン会川晴之】トランプ米政権は17日、ミサイル防衛(MD)システムの強化を見据えた「ミサイル防衛見直し(MDR)」を公表する。焦点は、ロシアと中国が開発を進める「極超音速」(ハイパーソニック)兵器への対応策だ。現時点では「守る手段がない」(ハイテン米戦略軍司令官)といわれる新兵器。米国はどう対処しようとしているのか。

 「いかなるMDシステムも対応できない」。昨年12月26日、ロシアのプーチン大統領は、新型のハイパー…

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1061文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです