メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く

米国が2010年に実験したハイパーソニック兵器「HTV2」のイメージ図=米国防高等研究計画局(DARPA)提供

 【ワシントン会川晴之】トランプ米政権は17日、ミサイル防衛(MD)システムの強化を見据えた「ミサイル防衛見直し(MDR)」を公表する。焦点は、ロシアと中国が開発を進める「極超音速」(ハイパーソニック)兵器への対応策だ。現時点では「守る手段がない」(ハイテン米戦略軍司令官)といわれる新兵器。米国はどう対処しようとしているのか。

 「いかなるMDシステムも対応できない」。昨年12月26日、ロシアのプーチン大統領は、新型のハイパー…

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1061文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都大の吉田寮自治会が条件付き退寮表明
  2. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  3. はやぶさ2 あすリュウグウに着陸
  4. 空自戦闘機墜落 突発的トラブルか 異常、交信なく
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです