メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳再会談

「非核化」の実効性担保、鍵 米前特別代表、事前準備重要と強調

前米国務省北朝鮮担当特別代表のジョセフ・ユン氏=福永方人撮影

 昨年3月まで米国務省の北朝鮮担当特別代表を務めたジョセフ・ユン氏が来日し、毎日新聞のインタビューに応じた。トランプ米大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長による2回目の米朝首脳会談について「北朝鮮の非核化のプロセスで具体的な合意がなければ成功とは言えない」と述べた上で「前もって合意事項の実効性を担保できるかが鍵になる」として、ワシントンで18日に開かれるとみられる金英哲(キムヨンチョル)同党副委員長とポンペオ米国務長官の会談など事前協議の重要性を強調した。

 ユン氏はオバマ前政権時代の2016年10月、特別代表に就任。就任1年目のトランプ氏が北朝鮮への強硬…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文634文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです