メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日立製作所

英原発凍結 国内回帰余儀なく 人材維持が課題

英国原子力発電所建設プロジェクトの凍結について説明する日立の東原敏昭社長=東京都千代田区で2019年1月17日、宮間俊樹撮影

 日立製作所は英国中部で進める原子力発電所の新設計画を凍結したことで、原発事業の大幅な戦略見直しを余儀なくされることになった。日立は当面、国内事業に注力する方針だが、原発の新増設は見通せない状況で、再稼働や廃炉などの事業にとどまる見通しだ。今後は原発に関する技術や人材をどう維持していくかが日本政府やメーカーにとっての大きな課題になる。

 「ここ何年かは国内に集中する」。英原発計画の凍結を発表した日立の東原敏昭社長は17日の記者会見で、…

この記事は有料記事です。

残り1227文字(全文1446文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです