メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏ルノー

ゴーン会長解任へ 3社、関係改善見通せず

ゴーン前会長の処遇

 日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が、逮捕・起訴後も職にとどまる仏自動車大手ルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)を解任される見通しとなった。昨年に会長職を解いた日産、三菱自動車との足並みがようやくそろう形で、前会長の処遇を巡り冷え込んだ3社連合の関係改善につながるか注目される。【松本尚也】

 「ゴーン氏が長期にわたって職務から離れなければならないなら、新たな段階に移る必要がある。今がその時だ」。フランスのルメール経済・財務相は16日の仏テレビでこう述べ、ルノー筆頭株主の仏政府としてゴーン前会長の解任を求めた。仏紙は20日にも後任を決める取締役会が開かれ、新体制が発表される可能性を報じている。

 日産と三菱自が昨年11月の逮捕直後にゴーン前会長を解任したのに対し、ルノーはこれまで「不正を認定す…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文818文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです