メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学技術基本法

改正決定 「人文・社会対象」具体化

 政府の総合科学技術・イノベーション会議(議長・安倍晋三首相)は17日の有識者議員による会合で、1995年に成立した科学技術基本法を改正する方針を打ち出した。基本法で科学技術の振興施策の対象外となってきた人文・社会科学を加えるため、具体的な検討作業に入る。

 この日の会合では、基本法改正について初めて公開で議論された。…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 陸上イージス 防衛省、標高も誤り グーグル使いズレ
  5. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです