メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
第68期王将戦七番勝負

第1局 解説・杉本昌隆七段

初手を指す挑戦者の渡辺明棋王(左)と久保利明王将=静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で13日、小林努撮影

 久保利明王将(43)に渡辺明棋王(34)が挑戦する第68期王将戦七番勝負第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、静岡県掛川市・市教委、静岡新聞社・静岡放送後援、掛川信用金庫、ゼロの会、囲碁・将棋チャンネル協賛)は13、14の両日、掛川市の掛川城二の丸茶室で行われ、渡辺が115手で勝って5期ぶり通算3期目の返り咲きへ向けて一歩リードした。3連覇を目指す久保は黒星発進となった。得意のゴキゲン中飛車に工夫を加えた久保に対し、思い切りのいい踏み込みで渡辺が押し切った第1局を杉本昌隆七段の解説で振り返る。【山村英樹】

 将棋界に新春の幕開けを告げる王将戦七番勝負が開幕した。

この記事は有料記事です。

残り3705文字(全文3994文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 香港人の台湾移住増加 抗議行動との関連を台湾側は明言避ける

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです