メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第68期王将戦七番勝負

第1局 解説・杉本昌隆七段

初手を指す挑戦者の渡辺明棋王(左)と久保利明王将=静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で13日、小林努撮影

 久保利明王将(43)に渡辺明棋王(34)が挑戦する第68期王将戦七番勝負第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、静岡県掛川市・市教委、静岡新聞社・静岡放送後援、掛川信用金庫、ゼロの会、囲碁・将棋チャンネル協賛)は13、14の両日、掛川市の掛川城二の丸茶室で行われ、渡辺が115手で勝って5期ぶり通算3期目の返り咲きへ向けて一歩リードした。3連覇を目指す久保は黒星発進となった。得意のゴキゲン中飛車に工夫を加えた久保に対し、思い切りのいい踏み込みで渡辺が押し切った第1局を杉本昌隆七段の解説で振り返る。【山村英樹】

 将棋界に新春の幕開けを告げる王将戦七番勝負が開幕した。

この記事は有料記事です。

残り3705文字(全文3994文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 統計不正 統計標語募集で「大喜利」状態 総務省職員は……
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  4. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  5. 官兵衛神社、今秋に建立 姫路・地鎮祭に氏子ら100人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです