メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 広瀬章人竜王-糸谷哲郎八段 第30局の2

決戦を回避

 広瀬が[先]3四歩と銀取りに打った図の局面。早見え早指しの糸谷は、わずか8分で[後]2二銀と後退したが、ここには重要な変化が潜んでいる。[後]4四銀とぶつけたらどうなるか。

 穏やかに銀交換してから[先]2四歩も考えられるが、広瀬は単に[先]2四歩と踏み込む予定だった。以下[後]3五銀[先]2三歩成[後]2七歩までは一本道。

 本線は、続いて[先]同飛であったろう。[後]2六銀打なら[先]同飛[後]同銀[先]3二と(参考図)…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文621文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです