メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康保険法改正案

部会に提示 医療と介護一体分析 厚労省

 厚生労働省は17日の社会保障審議会医療保険部会に、今月開会の通常国会に提出する健康保険法など医療・介護関連法の改正案を提示した。健康保険では扶養家族の要件に「国内在住」を加える。また、健康増進などのために医療と介護の情報を一体分析できる態勢を整える。施行日は来年4月1日。

 外国人労働者の受け入れ拡大のための在留資格新設を柱とする入管法改正の議論で、「健康保険の悪用」への懸念が示された。これを受け、扶養家族として健康保険を使えるのは「国内在住」に限定…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 神戸・教諭いじめ 兵庫県警が加害教諭から任意聴取 暴行容疑など立件できるか判断へ

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです